CAMPUS GUIDE 2017 学生便覧
33/106

026Ⅳ 学習研究のための施設『何を学ぶのかを決めるのは皆さんですよ』と言われても、私にできるだろうかと不安になる人もいるかもしれません。たしかに「複数プログラム選択履修制度」は、今までの大学教育と比べても、学ぶ皆さんの自由度が高いことに特徴があります。お茶の水女子大学では、きめ細やかな学修支援体制を整備するため、教学IR・教育開発・学修支援センターを設置して専門のスタッフが皆さんの主体的な学びをサポートしています。■ 相談できること教職員や専門のスタッフに、複数プログラム選択履修をはじめさまざまな相談をすることができます。困ったときや迷ったときには、安心してご相談ください。それぞれのプログラムを構成している科目に、学修の順序性や難易度を表す色分けによるカラーコードナンバリングを設けています。これにより、カリキュラムの構造を視覚的に把握できるようになり、プログラムを選択するときに、どのような順番と組み合わせで各科目を履修すればよいのか判断しやすくなりました。教学IR・教育開発・学修支援センターきめ細やかな学修支援体制──主体的な学習プロセスの構築をサポートします教学IR・教育開発・学修支援センターⅣ 学習研究のための施設プログラム選択前の相談○ どんなプログラムがあるか○ 履修シミュレーション○ 履修方法について○ 履修登録についてプログラム履修中の相談○ 科目履修取り消しについて○ プログラムの変更について○ 成績評価(GPA制度)について○ 各種学修支援システムの使い方について○ 単位認定について (他大学、インターシップなど)教学IR・教育開発・学修支援センターへのお問い合わせ☞ 教学IR・教育開発・  学修支援センター学生センター棟 1階03-5978-2047学生ポータルサイトに掲出l-sc@cc.ocha.ac.jpお茶の水女子大学http://www.ocha.ac.jp/トップ > 研究所・センター > 全学教育システム改革推進本部教学IR・教育開発・学修支援センター

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です