CAMPUS GUIDE 2017 学生便覧
27/106

020Ⅲ 学生生活Twitterやインターネット上のブログなどへの書き込み、インターネット上に住所、氏名、電話番号、生年月日、写真などの個人情報を発信すると、思わぬ不利益を被る可能性がありますので、十分注意してください。また、街頭やインターネット上で頻繁に行われているアンケートや懸賞に安易に回答するのは控えましょう。あなたの個人情報がそこから流出して、さまざまな悪徳業者の手に渡ってしまう可能性があります。素性のわからない人や、不特定多数の人が見るインターネット上に自分の氏名・住所・電話番号は教えない(記載しない)ことによって自分の身を守りましょう。昨今、大学のキャンパスや周辺において、大学生をターゲットに勧誘活動を行うカルト宗教団体の存在が確認されています。これらの団体は、スポーツサークルや文化活動、音楽(ゴスペル)鑑賞、食事会などを装い、すぐには悪質な勧誘と判断しづらいことが多いので十分注意してください。このような勧誘や案内を受けた場合は、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を安易に教えないようにすると共に、学生・キャリア支援課までお知らせください。本学で勧誘や各種案内を行う場合には、学生・キャリア支援課において届け出の内容を確認した上で、許可しています。勧誘や各種案内の承認に際しては、配布物などに団体名や連絡先などの詳細な記載があるか、記載内容の真偽などを確認しています。なお、大学は信教の自由を保障しており、特定の宗教団体を誹謗するつもりは全くありませんので、念のため申し添えます。自分の身を守るために勧誘活動に注意!実際にあった勧誘活動の事例○徽音祭で、他大学の学生が本学学生に声をかけ、同郷だという話になり、本学学生はメールアドレス・携帯電話番号を教えた。後日、別の場所で会った際、話が宗教関係の話題になり勧誘されそうになったため、近くの交番へ駆け込んだ。○昼休みの時間に音楽ライブへの誘いという形式で、宗教団体への勧誘活動を行っている人間がいた。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です