CAMPUS GUIDE 2017 学生便覧
18/106

011学生センターでは、入学時に皆さんに提出してもらった学籍簿を基に学生証、在学証明書、通学証明書など各種証明書類の発行や卒業・修了時に授与する学位記を作成しています。学籍簿に記載した住所、保証人、本籍などを変更するとき、あるいは改姓をしたときは、各変更届を必ず提出してください。特に住所は各種証明書類の発行や緊急の連絡の際に必要ですから、変更したときは住所変更届を速やかに学務課教務担当に提出してください。変更届の用紙は学務課にあります。さまざまな事情により、休学や退学をしなければならない場合は、各自所属する学科などの学年担当や指導教員とよく相談の上、学務課教務担当で手続きを行ってください。休学可能な年限や在学可能な年限は次表のとおり各所属で異なるので、注意してください。Ⅱ 諸手続きなど各種手続Ⅱ 諸手続きなど住所変更届・改姓届などについて休学・退学・復学の手続き課程等修業年限在学年限(修業年限×2)休学年限(累計)在籍年限(計)学部4年8年4年12年3年次編入学2年4年2年  6年博士前期課程 2年*1 4年*12年 6年*1博士後期課程 3年*26年3年  9年*1  博士前期課程の長期履修制度を利用する場合、修業年限・在学年限・在籍年限については、*1の印の年数に延長する年数を加える(休学年限は変わらない)。ただし生活工学共同専攻の場合、在学年限と在籍年限は変わりません。   (注) 休学期間は、卒業・修了の要件としての修業年限に含まれない。*2  博士後期課程の長期履修制度を利用できるのは生活工学共同専攻のみです。○ 休学願、退学願、復学願はそれぞれの期日の1カ月前までに、学務課教務担当に提出しなければなりません。○ 休学願、退学願を提出するためには、それまでの授業料が納入済でなければなりません。○ 休学許可・退学許可は、教授会などの審議事項になりますので、2月末日または8月末日までに願いを提出してください。○ 外国人留学生の場合は、学務課への届け出と同時に国際課にも届け出てください。2月末日または8月末日以降に願い出た場合は、当該学期分の授業料は納入しなければなりません。住所変更届・改姓届等╱休学・退学・復学の手続きに関するお問い合わせ☞ 学務課学生センター棟 1階03-5978-5141月〜金8:30〜17:00kyomu@cc.ocha.ac.jpお茶の水女子大学http://www.ocha.ac.jp/トップ > 在学生の方 > 授業・教務・学生生活休学・復学・退学の手続きについて

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です