ページの本文です。

推薦入試

2017年4月1日更新

学部 推薦入試

お茶の水女子大学のアドミッション・ポリシー

 お茶の水女子大学は、学ぶ意欲のあるすべての女性の真摯な夢の実現の場であることを使命とし、幅広い教養と高度な専門性と実践力を身につけた女性リーダーの育成を目指しています。そのため不断に教育改革を進め、21世紀型文理融合リベラルアーツ教育の導入(平成20年度)に引き続き、平成23年度に複数プログラム選択履修制度を導入して新たな専門教育課程をスタートさせました。複数プログラム選択履修制度では、将来のキャリア展望や関心に応じて、専門教育プログラムを履修します。第1のプログラムとして、所属する学科の開設する「主プログラム」を履修します(必修)。次に第2のプログラムとして、専門領域に深く特化する「強化プログラム」、他の専門領域を横断して学ぶ「副プログラム」、領域融合型・学際型の「学際プログラム」のいずれかを選択し履修します(選択必修)。また文教育学部人間社会科学科、芸術・表現行動学科および生活科学部食物栄養学科では、それぞれの教育目標にそった4年一貫の「専修プログラム」を設けています。入学後は、主プログラム(または専修プログラム)を開設する学科またはコース・環・講座に所属し、各自の目的や関心にそって、主体的に学修します。
 お茶の水女子大学では、すべての女性が年齢・国籍などにかかわりなく自立した女性として、生涯にわたって多様に活躍できるキャリア形成の場を提供しています。知的好奇心と探究心を抱き、勉学意欲に富んだ学生の入学を期待しています。

文教育学部

 人間は、過去から現在に至るまで地球上のさまざまな地域で、言語をはじめとする文化や科学技術を創造し、政治、経済、教育などの諸社会組織を発展させてきました。人間と文化と社会を理解するためには、時間軸と空間軸の上に現代社会を位置づけ、マクロからミクロに至る多次元的なアプローチが必要です。
 文教育学部は、人間と文化と社会に迫る、人文・社会系の総合的な学部です。人文科学科、言語文化学科、人間社会科学科、芸術・表現行動学科の4つの学科からなり、人文科学科、言語文化学科、人間社会科学科には複数の専門教育プログラム(主・強化・副・学際)が置かれ、また3つの学科が共同で設置するグローバル文化学プログラム(主・学際)が設けられています。また、4年一貫の専門教育プログラムとして、人間社会科学科に総合人間発達科学専修プログラム、芸術・表現行動学科には舞踊教育学専修プログラムと音楽表現専修プログラムが設けられています。このような多彩なプログラムと少人数教育によって、専門的に深く、総合的に広く学ぶためのカリキュラムを用意しています。
 高校での学習は、その後の人生を「よく生きる」ためのものです。本学部志望者には、高校において文科系の科目はもちろん理数系の科目まで幅広く、同時にどん欲に深く学習することを望みます。
 多様な領域でのリーダーを目指し、意欲と能力と個性に富んだ皆さんが志望されることを期待します。

人文科学科

 人文科学科は、人類のさまざまな歩みの中から、未来の英知につながるあらゆる現象を広く文化としてとらえる人間の知の総合学を志しています。深く幅広い知識を修得し、それらに立脚したオリジナルな問いを自ら見つけだし、必要な資料・データをねばり強く収集・整理したうえで、独自の論理を築きあげる力。勉学を続けていく場合でも、社会に出て活躍する場合でも必ず求められるこうした総合的な力を広く養成することが、本学科の目標です。
 高校では、さまざまな教科や科目について幅広く学ぶと同時に、自分の関心をもったテーマについて自主的に読書や調査を行うことを通じ、知的探求の面白さを経験してきていただきたいと思います。いわゆる「指示待ち」型ではなく、物事を多面的に考えられる柔軟な思考力を持ち、独創的な解に到達しようとする意欲のある学生の皆さんの入学を希望します。
 人文科学科には、哲学・倫理学・美術史、比較歴史学、地理環境学のプログラムがあり、入学後、自分が何を学びたいのかを見極め、1年次末に人文科学科の各プログラム又はグローバル文化学のいずれかの主プログラムを選択します。
 なお主プログラムの選択は、他の選抜方式で入学した学生と同じ条件で行われます。

選考方法

 第1次選考合格者に対し、第2次選考を行います。第2次選考では、自分が学びたいと考えている専門分野(哲学・倫理学・美術史、歴史学、地理学)についての基本的知識や考え方(問題意識)、意欲や資質などを見るため、小論文と面接(口述試験を含む。)を課し、総合的に合否を判断します。
 (小論文)課題文や資料を読んだうえで、設問に沿って論述してもらいます。課題文・資料の内容を十分に把握し(読解力)、自分なりの論理を組み立て(論理展開力や独創性)、それを適切かつ表現豊かに論述できるか(表現力)、を評価の対象とします。
 (面接)質疑を通して、将来の勉学の計画や自分の考えなどを明確にもち、かつそれを的確に表現できるかといったコミュニケーション能力を見ます。

言語文化学科

 言語文化学科では、日本語・日本文学、中国語圏言語文化、英語圏言語文化、仏語圏言語文化のプログラム(主・強化) を開設しています。対象となる言語はそれぞれ異なりますが、中国語やフランス語の場合にはその初歩から上級までの修得、日本語や英語の場合には当該言語のより深い理解を目指し、またそれぞれの言語で表現された作品の本格的な研究に取り組むことになります。
 「ことば」というものの面白さに興味を持ち、そこに何かを発見したいと思っている皆さん、また洗練された語学力を身につけて広い世界へ足を踏み出そうと考える皆さん、また「文学・芸術」が好きで、ただ鑑賞するだけでなく「その先」へ進みたいと思っている皆さんを歓迎します。

選考方法

 当学科の推薦入試では、日本語・日本文学、中国語圏言語文化、英語圏言語文化、仏語圏言語文化のいずれかのプログラムの学習と研究に特に強い興味と意欲を持ち、それらを主プログラムとして希望する受験者を求めます。入学後は一般入試で入学した学生と同じ条件で、1年次末に主プログラムを決定します。
 選考は書類による第1次選考と、小論文及び面接(口述試験を含む。) による第2次選考に分かれます。第2次選考の小論文では、それぞれの志望分野に相応しい読解力や表現力、論理の展開力、志望分野に対する関心や問題意識の高さなどを評価します。面接では、質疑を通して自らの志向・個性などを相手に的確に伝えるコミュニケーション能力や自己表現力を見ます。

人間社会科学科

 人間社会科学科では、人間について深い理解を持ち、その理解を現実的な場面で役立てていこうとする意欲ある人を求めます。当学科には、人間の意識や行動の社会的側面を考えたり(社会学)、心理的側面を考察したり(心理学)、人間の発達について多角的に考える(教育科学)という、3つの研究領域があります。

選考方法

 当学科の推薦入試では、子どもや大人の学習・教育の勉学や、教育問題の研究に強い意欲をもち、将来、教育科学主プログラムまたは総合人間発達科学専修プログラムを選択して、教育思想、教育史、教育社会学、文化人類学、教育方法学、教育課程論、教育開発論、教育行財政学、生涯学習論といった、教育科学の様々な研究方法を通して、教育問題に迫り、その上で大学院に進んで教育科学の研究を深めたい、あるいは小学校の教員その他の教育関係の職に就きたいと考えている学生の出願を前提とします。
 高校では、さまざまな教科や科目について幅広く学んでください。特に、国語・英語(外国語)・数学は、大学での学習と研究にとって大変重要な基礎的能力を育成するのに役立つでしょう。このほか地歴・公民や理科の学習を通じて、人間について深く考える姿勢と能力を身につけた学生を歓迎します。
 推薦入試は、第1次選考を出願書類の審査によって行い、第2次選考では教育科学に関する小論文と面接(口述試験を含む。) によって総合的に判断します。

芸術・表現行動学科

 本学科は、人間の芸術及び表現行動としてのパフォーマンスとその学問的研究との両方を、同時に追求しようとする貪欲な人を求めています。本学は小規模ながらも総合大学ですから、その特性を十分に利用して、「自ら」多様な可能性を切り開こうという積極的姿勢が要求されます。
 本学科では、舞踊や音楽の理論と実技の双方の習得を目的とし、4年一貫で履修する専修プログラムを設け、複数プログラム選択履修制度をとっておりません。受験の際に選択したコース(専修プログラム)を履修します。

選考方法
舞踊教育学

 本専修プログラムは、舞踊を中心にスポーツから日常動作にいたる人間の身体活動や表現について、理論と実践の両面から積極的に研究を進めることのできる人材を求めています。舞踊は高校で学ぶ全ての教科と関連していますので、幅広く学習を進めてください。その上で、保健体育、国語及び英語については特に重点的に学習し、基本的な運動能力、文章表現力、英文の読解力をきちんと身につけてきてください。
 推薦入試では第1次書類選考合格者に対し、小論文・実技検査・面接(口述試験を含む。) を行います。

音楽表現

 音楽は人間の感性に関わるとともに、高度に知的社会的な活動であり、人間の営みに深く根づいています。本専修プログラムは、勉強も実技もきちんとやってみたい、そんな贅沢な悩みを抱えている人に開かれています。高校で学ぶ教科はすべて重要ですが、音楽は言うまでもなく、英語と世界史はしっかりと身につけてきてください。
 推薦入試では第1次書類選考合格者に対し、小論文・実技検査・面接(口述試験を含む。) を行います。

理学部

 理学部は、基礎科学の分野を研究対象として、主に自然界の原理や法則の追究を行うところです。
 本理学部は、数学、物理学、化学、生物学、情報科学の5学科からなり、少人数ゆえのきめ細かな指導により、高水準の教育・研究を行ってきており、数少ない女子大学の理学部として多くの有為な人材を養成してきました。最近はさらに大学院に進む者も多く平均進学率は7割を超えています。
 このような教育・研究の場に知的好奇心溢れる女性を受け入れ、次世代のリーダーあるいは中核となる人材を育成し、社会に輩出することを目指しています。
 本学部志望者には、高校において、理系科目(数学、理科〔物理、化学、生物〕)を学び、論理的思考力を身につけるようにすること、及び、自然科学の基礎知識を習得しておくことはもちろんのこと、文系科目(国語、社会、英語)も幅広く履修し、筋道の立った文章が書けることなどが望まれます。
 「推薦入試」、「帰国子女・外国学校出身者特別入試」においては、志望学科に関係する各種コンテストなどで活躍した実績も評価します。。

数学科

 数学は、あらゆる現象の背後にある数や図形の永久に変わらない真理を追究する学問です。それを学ぶことで、魂を揺さぶる美しいものや実生活で役に立つものに出会い、また世界を見通すための厳格な論証法を身につけられると考えます。
 このような観点から、数学科では主に以下のような目標を持った人を求めます。
 ・教師や研究者のように数学を職業としたい人
 ・数理的な素養を生かして社会を支える仕事につきたい人
 ・とにかく数学に対して意欲を持って勉強したい人
 受験者に求めるのは以下のことです。
 ・高校での数学を十分に理解し、大学での講義に必要な数学の知識を身につけている。
 ・文章から数学的な意味を読み取ることができる。
 ・自分の考えを数学的、論理的な文章に表現して相手に伝えられる。

選考方法

 推薦入試では、書類選考のほか、面接(口述試験を含む。) を行います。面接ではあらかじめ数学的内容の質問事項をいくつか提示し、考えを整理してもらう時間を設けます。その上でそれらについてどのように考えたかなど色々なことを質問します。基本的なことがらを筋道正しくきちんと考えることができ、かつ説明できるかが試されます。
 合格の判定は提出書類(高校での成績、志望理由書、推薦書など)と面接の結果を総合して行われます。

物理学科

 自ら考えて問題を見つけ出し、自ら考えてこれを解決する学生を希望します。(もちろん、必要になれれば教員の適切な助言及び指導を受けることができます。)また、豊かな人間性とともに、他人との協調性に優れた人格が望まれ、忍耐力も必要です。卒業後には物理学の勉学を通して培った、「物事の法則を発見しそれを応用する能力」を各方面で発揮し、社会で指導的役割を果たす女性となることを期待しています。しかしながら、究極的には、「物理学を学んで生き生きと充実した人生を送ること」が最も大切と考えています。

選考方法

 推薦入試では、高等学校長作成の調査書・推薦書に加えて本人が記載する志望理由書の内容が、物理学科のアドミッション・ポリシーに合致するかどうかを重視しています。補足資料(自由研究レポート、実験ノート、それまで関心を持ち続けたテーマについて考えをまとめたノート等のコピー)の添付を認めているのも、自ら考えて問題を見つけ出し、自ら考えてこれを解決する学生を発見したいためです。
 第1次選考合格者に対しては、2種類の面接(口述試験を含む。) を課しています。別室で解かせた計算問題に関する質疑応答から計算力と理解力を問う口述試験(20分間)と、様々な物理現象を直観的に説明させることから自由な発想力と直感力を問う口述試験(20分間)の2種類がこれにあたります。合否は出願書類と2種類の面接を総合して判定します。

生物学科

 生物学では、微生物からヒトまで、多種・多様な“生き物”の複雑で多様な生命現象を研究します。そのためには、いろいろな視点から考える柔軟な思考力とそれを支える幅広い基礎知識が必要です。したがって、高校生時代を通して、理系、文系を問わず、教科科目を幅広く学び、論理的思考や知的好奇心をはぐくんでいることを希望します。また、“生き物”の複雑で多様な生命現象を観察し、“生き物”と忍耐強く対話し、自ら考え、自ら問題を見つけ、試行錯誤しながらこれを解決する意欲とパワーをもつ学生を希望します。“生き物”に関する理解と関心を深め、より豊かな知の財産を築ける人に育つことを期待しています。

選考方法

 多様な領域を含む生物学を学ぶには、多彩な才能の持ち主を期待します。第1次選考合格者に対し、論述試験と面接(口述試験を含む。) を課します。論述試験では、生物学を中心とした科学の基礎知識、科学的文章の読解力、論理的表現力を判定します。面接では、面接担当教員との質疑応答を通して、自らの生物学の知識と考え方、社会に向き合う態度、将来への明確な展望、思考能力、個性や才能等、さらに、これらを面接担当教員に的確に伝える能力を重視します。合格判定は、出願書類と第2次選考の成績を総合して行います。

情報科学科

 情報科学はコンピュータの出現によってその存在と価値が確かめられた「情報」と呼ばれる概念を、エネルギーや物質と並ぶ世界の主要な構成要素として認識し、その生成、管理、利用に関する原理を探究する新しい学問分野です。今日、その応用は自然科学や工学のみならず、社会科学や人文科学にも及んでいます。この奥深さを理解し、これまでの成果を学びたい人、さらに今後の進展に積極的に貢献したい人にぜひ進学してほしいと思います。情報科学は、これまでの数理科学や自然科学の考え方を偉大な先達として独自の方法論を展開しようとしていることから、広くかつ深い理系のセンスが問われます。
 情報科学を通じて21世紀の科学技術を支えるのは自分たち女性だと心底思っている人、あるいは思いたい人、あるいはそういわれて「そうなんだ」と今気づいた人を大歓迎します。

選考方法

 高等学校長作成の調査書・推薦書に加えて本人が記載する志望理由書の内容が、情報科学科のアドミッション・ポリシーに合致するかどうかを重視しています。また第1次選考合格者に対しては、面接(口述試験を含む。) を課しています。特に数学の問題に関する質疑応答から推論力とコミュニケーション能力及び問題分析能力と解決能力を問う口述試験を行います。出願書類とこの口述試験を総合的に評価して合格判定を行っています。なお、入学後の講義は高校における数学IIIの知識と外国語(特に英語)能力を仮定して行われます。ただし入学時にコンピュータを使えることは仮定しません。

生活科学部

 生活科学部は、人間生活における人間と環境との関係について、多角的な視点から見つめ直し、真のバランスの取れた人間の生活とは何かを探求する学部です。
 現代は科学技術の発展や急速な経済成長により、物質的に豊かで、快適な生活を享受できるようになりましたが、その一方、急激な自然環境、社会状況の変化にともなう問題が噴出しています。こうした、問題に対処するためには、自然科学的視点と社会科学的視点の両面から、多面的に問題を考える姿勢を養うことが必要とされます。
 生活科学部はこうした要請に応えるために、食の科学と健康、人間と環境、発達と心の健康、人間生活と社会、人間生活と文化についての学科、およびプログラムが開設されています。また、それぞれのプログラムでは、少人数の実験・実習・演習により、個別的な教育を行うと同時に、社会生活で役に立つ資格等(栄養士免許、管理栄養士国家試験受験資格、一級建築士受験資格、家庭科教員免許など)の取得を促すカリキュラムも用意しています。
 ただし、生活科学部では、それぞれの専門を深めるばかりでなく、文理融合の学部の特性を生かして、他の専門分野にも関心を持ち、多面的で総合的な視点から現実の人間生活の問題に取り組む力を持った、社会の多方面で活躍できる女性リーダーを育成することを目指しています。
 したがって、高校におけるすべての科目が、大学での勉強に必要な基礎となりますので、志望学科の別を問わず、家庭科、芸術科、保健体育を含め、オールラウンドの学力を身につけておくことを期待します。

人間生活学科

 人間の生活は、生涯にわたる人間の発達、生活を営むための人間社会のあり方、民族、歴史や伝統、文化など様々な面が相互に関連した、複雑で総合的な営みです。高度に複雑化した現代社会においては、この複雑な人間生活の営みを総合的に理解し、人間が生涯を通して生き生きと生活できるための条件や社会の仕組み、文化のあり方を明らかにし、それを実現する人材が求められています。
 人間生活学科では、こうした豊かな人間生活の実現を担う人材の育成を、相互に関連する3つのアプローチによって目指しています。①人間の生涯発達にかかわる発達心理学・臨床心理学・保育学的理解と実践の連携、家庭や保育あるいは心理臨床などの現場に役立つ理解-発達臨床心理学、②地域社会から国際社会まで、多元的な社会環境を視野に入れ、家族、消費者、女性、高齢者、子ども、制度と政策の問題など、生活と社会及びその関係についての社会科学的理解-生活社会科学、③人間にとって最も身近な服飾と住居、工芸、デザインを中心とする生活造形を対象とし、生活文化の歴史と現在について美学的・比較文化的・民俗学的理解-生活文化学の3つです。こうした課題に関心があり、問題意識と研究意欲のある人、錯綜する現代の生活状況の中で、人間性を重視した社会を築くために貢献したい人、潤いのある生活を実現しようという熱意のある人を歓迎します。志望者には、本学科の3つのアプローチを踏まえ、高校で地理歴史・公民の諸科目など文科系の基礎を幅広く履修していることを望みます。
 入学後は一般入試で入学した学生と同様、1年次末に主プログラムを選択することになります。

選考方法

 書類による第1次選考と、その合格者に対する第2次選考の2段階で行います。第1次選考では、調査書、志望理由書、推薦書によって基礎学力や専門領域への適性を評価します。第2次選考の面接(口述試験を含む。) では論理的思考力・自己表現力・志望領域に対する問題意識などを総合的に評価します。

関連リンク / Related Links

»一般入試
»AO入試
»推薦入試
»私費外国人留学生(学部留学生)特別入試
»大学院(博士前期課程)のアドミッション・ポリシー
»大学院(博士後期課程)のアドミッション・ポリシー

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加